<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

展示場を出ると、子供も楽しめるスペースがありました。
b0145915_23534582.jpg

塗り絵コーナー!!

黄金のマスクを自分の好きな色で塗っているみたいです。

で、みんなの描いた絵はこちらに貼ってもらえます。
b0145915_23543310.jpg

さすがに、高校生の娘はスルーしてましたが(^▽^)

そして、お土産?売り場の片隅にはこういうのも。
b0145915_23552497.jpg

会場限定ガチャガチャ!(^▽^)

しっかりやってきました(バカ家族)

そしてゲットしたのは、こちら。
b0145915_235694.jpg

ナスカの地上絵(サルとコンドル)と、今回のシカンの黄金マスクです!

あと、ここには写ってませんが、トゥミのキーホルダーもゲットしました。

シカン展のいい思い出です(^^)

そして、会場の外にはペルーな飲み物が。
b0145915_23583455.jpg

インカコーラ(黄色いほう)と、カムカムジュース(オレンジっぽい色)です。

インカコーラは、コーラっていうか・・・ソーダ?

カムカムジュースは、アセロラジュースをイメージしていたのですが、それよりは酸っぱさがないかな?

両方ともおいしかったです。ごちそうさま~(^^)
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-28 00:01 | 旅日記
さて、シカン文明には、前期・中期・後期とあるらしく、埋蔵物の土器にその変化が見られます。

こちらが前期の土器
b0145915_2342575.jpg

こちらが中期の土器
b0145915_23422921.jpg

こちらが後期の土器
b0145915_23424914.jpg

土器の頭についているものが、シカンの神様らしいのですが、後期になると、それがなくなります。

「おそらく神(宗教)の威力が薄れていったのではないか」という推測がたてられているみたいです。

ううむ、やはり宗教の力ってのは偉大なんだね~。

他にも神輿とかがあったのですが、暗くて写真撮れませんでした(T_T)




感想は、今だ謎が多い中米・南米文明はスペインが侵略した時にごっそり黄金を持っていってしまっているので、なっかなか解明が進まない中、これだけしっかりした形の埋蔵物が出てきたというのは、すごいことだな~と思います。

そして、これらを解明するのに、こんなに科学の力を使っているとは思いませんでした!

知りたい方は、10月12日まで、東京・上野公園の国立科学博物館へGO!です。
(最後に宣伝も忘れずに(^^;)



まだまだミステリアスな中米・南米文明。一度行ってみて、この目で確かめたいですね(^▽^)




あとは、オマケです(^ー^)ノ
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-27 23:51 | 旅日記
シカン展の最大の見ものは「黄金のマスク」です。

正直、背景を入れて撮れる というシロモノではございません!!

というわけでこちらのサイトを参照願います(^^;

この黄金仮面(なんだか昭和のヒーローの匂いがするネーミングだな~)、発掘された当初はぐしゃってなっていたんです。

そりゃそうだよね。埋まってたんだから。

それをここまで復元するって!!どうよ!この技術!!

いや~。考古学は根性いるわ~(^▽^)

そして、こちらも目玉の一つ。「黄金のトゥミ(刀)」です。

こっちが前。
b0145915_0244737.jpg

こっちが後ろ。
b0145915_0252130.jpg

トゥミは要人(ここの場合は貴族)が亡くなった時に、生贄をささげるため、生贄を殺す刀らしく、ここに飾られているのは、一緒に埋められていたものらしく、実用されたものではないそうな・・・。

日本で言うところの、棺桶の上に置く刀みたいなやつ?

と、そんな想像してみるσ( ̄▽ ̄);わて?

そんなシカン。神殿はこんなんじゃなかったかという、模型がありました。
b0145915_0281294.jpg

土レンガ(だっけ?)で作られたものなので、今は風化が進み、かなり崩れているそうです。

この神殿の廻りの貴族の墓から、先ほどの黄金のマスクが出たり、トゥミが出たりしています。

そして土器とかが一緒に埋葬されてました。
b0145915_0312360.jpg

貝とかも一緒に埋葬されてるそうです。

シカンの神殿はペルー北部の海岸から約40km陸地に入ったところにあるそうで、「ヒ素銅」の精製に長けていて、それで交易がよく行われたいたそうで、そういう貝とかが手に入っているそうです。

なんと!貨幣もあったんですね。テレビではヘロっと拾ってましたよ>島田先生。

その埋葬品の中に土器があるのですが、シカン文明の前期・中期・後期ではデザインが変わります。

それは次に続く~。
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-27 00:34 | 旅日記
9月21日に行ってきた「黄金の都シカン」展。
(東京・上野公園内の国立科学博物館にて10月12日まで開催)

1日ブログ記者ってことで行ってきました~~!!
(レポートが遅くなってすみません<(_・_)>)



チケット売り場で「あ、ブロガーの人ですか?」と聞かれ、

「え?人をマットさん(VISAのCMの人)みたいに・・・」と思ったけど、そうだよ。私はブロガーなんだ~と改めて実感(^▽^)

ということで、隣の窓口に連行され、ブロガーパスと写真撮影許可の腕章をもらう。
(あと、お土産ももらいました)

その写真をね~、撮るのを忘れたよ~。そのパスと腕章が恥ずかしくって~(^^;

ということで、建物内に入っていきます。
b0145915_23434282.jpg

入口です。

最初にご挨拶があって、島田先生の紹介があったり・・・。

写真撮影許可といわれながらも、アップはダメだし、背景は入れないといけないし・・・

で、なんちゅーても暗いので、ちゃんと撮れてるかどうか不安ながらも撮れるという特権で写真を撮ります。

シルバーウィークの真っ只中ということで、人出もすごいです。
b0145915_2347479.jpg

皆さん、関心が高いんですね。

実はその前の土曜日にTVで2時間スペシャルでシカンのことは予習済みだったので、音声案内もなしで先先進む私。

色々なものの前に、スタッフ紹介と発掘道具の紹介です(^▽^)
b0145915_23503497.jpg

スタッフのみなさ~ん
b0145915_23505292.jpg

発掘道具です。

「おお~~!これで掘って見つけたのか~~!」とテンションあがります。(^▽^)

そして、考古学調査に欠かせない
b0145915_2355296.jpg

スケッチです。

娘が考古学に興味を持ってから、考古学にはスケッチが必需なんだ~と知りまして・・・

「アンタ、絵が好きやから、こゆところで活かせるんじゃない?」と提案すると、

「いや、スケッチは苦手・・・」

と悲しい返事が(T_T)

やはり娘は掘りたいようです(^^)




さてさて、本題に入っていきますが・・・

写真の枚数が限界ですので、続きはまた次へ・・・。
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-26 23:59 | 旅日記
昨夜、江戸旅行より帰ってきました<(_・_)>

今回は新幹線で往復したのですが・・・



「二度と新幹線で東京へ行くか!!」



と思うくらいの、人の多さ&乗客(後ろの座席)のマナーの悪さでした(-"-;)

ということで、本日は一日休養を取らせていただきました。

「シカン展」の報告を真っ先にしないと、TBSさんからのチェックが入っていると思うので、まずその報告の構想を考えております。

長文にできず、かといって簡単にできず・・・

HPでわかる内容より、「外ネタ」に重きを置くのか・・・

色々考えてるワケですよ(言い訳)

ということで、明日にはアップしようと思ってますので、今しばらくお待ちください<(_・_)>
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-23 23:43 | 日記
もうすぐやってくる「シルバーウィーク」。

このシルバーウィークに東京へ旅行に行きます。

その旅の目的の1つに、中米・南米文明フリークの娘のリクエストにより「黄金の都・シカン」展を見に行くというのがあります。

で、そのサイトhttp://www.tbs.co.jp/sicanten/index-j.htmlを見ていたら

「1日ブログ記者募集」

というのがあるではありませんか!!

これに選ばれると入場料がタダになるし、写真が撮れる!!

ということで応募しましたら、なんと!当選?!メールが来ました。


------------

くーにゃん様
ブログ名:「姑娘のつれづれ日記」
取材予定日:2009年●月●日(●)●●時予定


この度は、国立科学博物館(上野)で
開催されております「黄金の都 シカン」
【1日ブログ記者】にエントリーいただき
誠にありがとうございました。

あなた様を【1日ブログ記者】としてご招待
させていただきますので、下記の通り
ご案内させていただきます。

-------------------


やったー!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

ということで、がんばって「取材」してきます!

レポートお楽しみに!!
(今度は早くレポートアップします!!)
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-15 17:13 | 旅日記
とうとう沖縄弾丸ツアーの旅日記も最後になりました。
(遅いっちゅーねん!!)

最後の訪問地:勝連城です。

場所は中城城のちょい北あたりです。

というわけで、今帰仁からまたまた車で2時間ほど走りました。

もう午後3時ぐらいでしたでしょうか。
b0145915_0555021.jpg

いつもの看板?が見えずに、こんな坂が見えます(T_T)

最後の最後に登山?!が待ち受けてました。

ちょっと上ると、やっとこさいつもの看板がありました。
b0145915_0571683.jpg


ここから城跡があったとこまではすぐで、そこからはあまり辛い思いをせず上れます。
b0145915_0582241.jpg


勝連城は今までのお城とは違い、形というか、建造物跡がきれいに残ってます。
b0145915_0595664.jpg


頂上まで登ると、こういう景色です。

結構こじんまりとしたお城です。

中城城跡でも書いた気がしますが、中城に手を出そうとして失敗した勝連城主 だったような・・・。

ちょっと欲が出ちゃったんだろうね~。
b0145915_113730.jpg


お城から下りる時に見つけた「新しい石垣」

修復しているようです。

このお城を作った時も、この石垣こんなにきれいだったのでしょうか?

この新しい石垣も何十年後にはいい味を出してるんですかね~。

そんなことを思いながら、1泊2日の沖縄弾丸ツアー「沖縄本島の世界遺産をがんばって、できるかぎりめぐるぞ!ツアー」(なんか名前が変わってないか?!)は終了したのでした~。




沖縄に来て泳がなかったのは、初めてだぞ!!(^▽^)
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-13 01:04 | 旅日記
今帰仁城編のつづき。

二の丸と思われるのがこちら。
b0145915_0413537.jpg


相変わらずマチュピチュ風(^▽^)

降りていくのはいいですが、すごい傾斜です。

その傾斜がわかるのがこちら。
b0145915_0424887.jpg

めっちゃ斜めってるし!!

下に降りてくると、多少坂になっていながらも、芝が広がっており、つい寝転んだりもしました(^^)

そして、こんな木陰もあります。
b0145915_0443999.jpg


のんびりした時間が過ぎていきます。この緩さがたまりません!!

そして、娘は一生懸命写真を撮ります。
b0145915_0453274.jpg

ああ、旅に来てよかったな~ と癒される光景です。

また次に行かなくてはいけないので、今帰仁城を後にします。

入口まで降りてきて、振りかえるとこういう光景が。
b0145915_0471116.jpg


やはり、本土では見かけない城壁の形と、背景。

沖縄ならでは ですね(^▽^)




そして、最後の訪問地。勝連城跡へ向かいます。
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-13 00:48 | 旅日記
座喜味城から車で2時間弱。

本部半島にあるのが、今帰仁城跡。
b0145915_0291561.jpg


ここは、ひたすらまっすぐな道が城跡(本丸)のほうへ向かってます。が、もちろん上ってます。
b0145915_0303846.jpg

この本丸へ向かう道の両サイドには桜の木が植わってます。

ソメイヨシノではないのですが、2月ぐらいが見ごろだそうです。その頃に来てみたい(^^)

ここの城壁の石はかなり荒い感じです。
b0145915_0335176.jpg


いくつか城を廻っているうちに、城壁の石がそれぞれに違うような気がします。

作られた年代によるのかな~?

そして頂上です。やはり海が見えます。どこもそうですが、「やっぱりいい場所に城を作るんだな~」と関心します。
b0145915_0362797.jpg

上ってきたとは反対の方角に、また城跡っぽいところが。

二の丸みたいな跡でしょうか。

それは続く~。
(写真がこれ以上載せられないので(^^;)
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-13 00:38 | 旅日記
沖縄の旅日記も終わってないのに(もう3カ月経過したぞ!!)、ちょっと閑話休題ということで、久しぶりに本の感想を。

b0145915_135255100.jpg

「男道 清原和博」

プロ野球をもう引退した清原和博さんの野球人生の「おいたちの記」といったところでしょうか。

私より1コ上なので、高校時代のすごい時から知っているから、なんかその時代その時代が目に浮かび、そしてスーパースターと言われる裏での本人の努力・そして苦悩。

テレビや文字から伝わっていた「番長・清原」のイメージとは違ったものでした。

そして、仰木さんからのラブコール。結果、それに答えたけれど本人に伝えることができなかった。

そしてオリックス時代の話。

巨人時代の話より私は泣けました。

年齢とともに清原の気持ち・考えの変化がよくわかる内容でした。

読み終わった後、今更ですが「清原!お疲れ様!よ~がんばったな」と言いたくなる一冊です。
[PR]
by koonyan_diary | 2009-09-12 14:03 |