<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゴージャスな鏡の間を見たあとは、色々な王妃様のお部屋と書かれました。

そのお部屋をちょこっと紹介します。

b0145915_22491537.jpg

シャンデリアがお花で装飾されているお部屋。

なかなかシンプルでかわいい♪

b0145915_2250111.jpg

本棚のあるお部屋。

あの本は今でも読めるんでしょうかね?

b0145915_22545126.jpg

地球儀があります。

結構ちゃんとしてそうっぽい・・・。

この時代は天動説?地動説?
(もう地動説か・・・)

b0145915_225527100.jpg

楽器もありました。

オルガンっぽいです。

なんかショパンとかモーツァルトとかが貴族のピアノ練習曲を作ってたって聞きますが、そういうのをこういう楽器で練習してたんでしょうな~。

は~、高貴な世界だ。

そんなこんなで、お部屋拝見も無事終了。

b0145915_22571570.jpg

こういう廊下や

b0145915_22573185.jpg

こういう階段を使って外へ出ます。

この廊下の柱や床、階段も壁も全て大理石です!

ほんと、贅を尽くしてるというのが、ぬかりなく?!されてます。

さすが太陽王!自分を「太陽」って言うだけあります!

ま、反感も多かったみたいですけどね(^^;

ということで、やっところさご自慢のお庭を見ることができます。


つづく~。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-14 23:01 | 旅日記
確か、そういう風に書いていたと思うのよね~。

鏡の間の隣の部屋です。

鏡の間で舞踏会が行われる、その楽団の控室だったんでしょうかね~。

b0145915_22363246.jpg

控室は狭いけど、ゴージャス(^▽^)

そして、その控室から見えるお庭はこちら。
b0145915_2237866.jpg


わかりにくいかもしれませんが、庭の植木の切り込み(カッティング)デザインが、なんと!紋章なんですよね~!

「あれって、紋章がデザインされてない?」って気づいて、「うわ!ほんまや!」と全員で驚きました。

どこまで自分好きやねん!>太陽王

さらに太陽王のナルシスト?ぶりはここにもあります。
b0145915_22391022.jpg


窓の取っ手です。

見つけた瞬間「ここにもあるわ!!」って言うてしまいましたわ(^▽^)

そして、どこの部屋にあったのか忘れましたが、この絵があってビックリしました。
b0145915_22432772.jpg

ナポレオンの戴冠式の絵です。
(実際はナポレオンの奥さんにナポレオンが戴冠しているのですが)

「あれ?これってルーブルにあったよね~?」と娘。

「おお。ほんまや。なんで?!」と今だ謎のままです。
(って、調べてないだけやけど(^^;)

ルーブルのほうが状態がよさそうですが・・・。



ということで、もうちょっとで宮殿を脱出?できます(^^)

つづく~。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-14 22:46 | 旅日記
ベルサイユ宮殿で一番有名なところではないでしょうか。

鏡の間。

それはここから始まります。
b0145915_22252789.jpg

もう、何かゴージャスな予感が・・・(^▽^)

b0145915_22255314.jpg

こちらが有名な鏡の間でございますっ!

右手は窓になっていて、ご自慢の地平線が見えそうな勢いのお庭が見えます(^^)

そして左手が鏡になっています。
b0145915_22273759.jpg


広く見えるんですよね~。そういう効果を狙っているのでしょうね。

確かシェーンブルン宮殿にもこういうところがあったような・・・(テレビで見たぞ)

そして天井はこんな感じ。
b0145915_22281447.jpg


天井の絵(フレスコ画?)はもう、すごいのが十分わかったよ。もうすみませんって感じです<(_・_)>

そして、小さなドアがあって、そこを入って見ると・・・
b0145915_2229231.jpg

控室です。

ってか、疲れたら寝るのか?!

どんだけ遊んでるねん!!

b0145915_22295318.jpg


でも、机もあります。

仕事もしていた様子です。

1つ1つの調度品が素晴らしく、お金のかけかたが違うよな~~と、庶民はそういう目でしか見れませんわ(T_T)



つづく~。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-14 22:32 | 旅日記
たくさん部屋はあります。

続いて出てきた部屋にはベッドがあります。
b0145915_1751748.jpg

ここには写ってませんけどね(^^;

シャンデリアが見事です。

この部屋の天井の角には
b0145915_17515972.jpg

王家の紋章が。

そして次の部屋は、お待ちかねのルイ16世のお部屋です。
b0145915_17523532.jpg


何故ルイ16世のお部屋かいうと、この写真の向こうにも見えてますが
b0145915_1753985.jpg

ルイ16世の肖像画があり(これもベルばらに載ってましたね)

b0145915_17534432.jpg

我らが?!マリー・アントワネットと子供たちの肖像画がありました。

これもマンガで見たことあったので「おお~~~ホンモノや~~~!」と感動しました(^▽^)

そしてここにも
b0145915_175552.jpg

王家の紋章が。

こんなデザインがよくトールペイントに出てくるんですよね~。
(もちろん、これじゃないけど)

ヨーロッパ人はこういうデザインが好きなんですかね~?




そして次は、待ってました!のあの場所です(^^)

つづく~。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-14 17:58 | 旅日記
あれだけ大きい宮殿ですから、内側も1回じゃ紹介しきれません。

まず入ったところにあったロイヤルチャペル。
b0145915_181323.jpg

これが1階部分。

b0145915_1815744.jpg

これが2階部分。

吹き抜けになっています。

場所が角だったのでしょうか、結構光が入って1階にあたるという、チャペルとはいえ明るい感じですね。

そして黄金だし(。-_-。)

「贅を尽くしてる!」って感じです。

b0145915_1832131.jpg

こちらは、ロイヤルチャペルの1階から2階へ行く途中の廊下。

歴代のフランス王がお出迎え。

きっと、それぞれの個性に合わせて創られているんだろうけど、「オイオイ」みたいな風の人もいました(^^;

どういう風に伝えられたの?!

あ、ちなみにルイ14世の「太陽王」というネーミング。

本人がつけたらしいのです。ま、こんな宮殿創るような人やしね~(^^;

なので、あちこちに「アポロン」をデザインしたものが出てきます。あの外の時計の真中のやつもアポロンをデザインした感じになってましたね(^^)

b0145915_1863185.jpg

道順に沿って歩いていると1番目に出てきたお部屋。

一応「なんとかの間」みたいなのが書かれてましたが、フランス語だったのでなんとなくしかわかりません(^^;

この辺りは謁見の間だか、Waiting Room だったかな?

b0145915_1875951.jpg

2番目に出てきたお部屋。

どっちにしろ、なんか、落ち着かないよね~。

という感想を述べる私たちはやはりロイヤルな人になれませんわ。_| ̄|○がっくし




ということで、宮殿内ツアーはつづく~~。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-13 18:17 | 旅日記
お宅訪問なので、入ったところから褒めましょう(^▽^)

b0145915_17365961.jpg

先ほどの黄金の門のgate head(gate crown?)です。

装飾が見事です!デザインが素敵です。日本にはないわ~。

おそらく王家の紋章(ブルボン家の紋章?)がデザインされているの思うのです。

これが後からいっぱい出てきます。

b0145915_17385371.jpg

門を入りました。

左側はちょっと工事中です。外壁工事だったのかしら?

そんなもの気にもせずに見れます。

どんだけでかいねん!(^▽^)

b0145915_17395277.jpg

真正面にあった、凹んでいたところの外壁装飾です。

すごいデコラティブで色使いも素晴らしい~。日本にはないわ~。

カルチャーショック受けまくり!

そして、一番気になったのがこの上にある
b0145915_17405488.jpg

時計です。

この青!ロイヤルブルーっていうんですか!!

こんなきれいな青は見たことない!また空の青といい感じです!!

こんな色を使うとは!さすが!!フランス王家!!

そして太陽王も忘れずに!!(^▽^)

では、内側から外を見てみましょう。
b0145915_17422348.jpg


もう下々の家とか、なんとかは見えません。

そりゃ~、勘違いした生活送るわな~。




ではでは、やっとこさ宮殿内に入ります。

ああ、この日は日曜日で、入館料はタダでした!
(毎月第一日曜日は美術館等は無料になる、太っ腹なフランス)

でもセキュリティチェックはありますよ~。




つづく。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-13 17:49 | 旅日記
なんやかんやと、フランス兄ちゃんちへ行ってから2カ月経ったよ~。

がんばって最後までレポするぞ!!!

ということで、本日は私の30年以上の憧れ、ベルサイユ宮殿です!




1月3日。ベルサイユ。

パリから電車で小1時間。

パリ市内とはうってかわって、まさに「郊外」という感じ。

以前の出張(おお~、もう1年前だよ~~)でベルサイユ宮殿の前に泊まりながら(そのホテルもちゃんと確認してきました(^▽^))ベルサイユ宮殿に行けなかったむーさん。

ということで、ベルサイユ駅周辺はよくわかってらっしゃるようで、さくさく道案内してもらいました。

と言っても、駅から「門前」までは徒歩10分程度ですが(^^;

b0145915_17185085.jpg

むーさんが以前泊まったホテル前あたりから撮った「ベルサイユ宮殿全景」

これでも入ってるか?!って言う感じですが(^^;

b0145915_1722262.jpg

やっとこさ入口の門が見えてきました。

石畳がいいね~(歩きにくいんだけど(^^;)

b0145915_17195795.jpg

宮殿の前の道はこんな感じ。

ここをオスカルは馬で駆けてパリまで行ってたのかしら・・・と思いを馳せるのです。
(いや、だから、オスカルは実在してないって・・・)

b0145915_17231718.jpg

ベルサイユ宮殿を建てた張本人!太陽王・ルイ14世がお出迎えしてくれます!!

ベルばらではマリー・アントワネットに「おじいさま!」と呼ばれてたあの人です(^▽^)
(ルイ16世のおじいちゃんなのね)

b0145915_17245710.jpg

やっとこさ門に到着です。

金です。ゴールドです。

この日は本当にお天気がよく、晴れた青い空によく映えます。

ということで、ルイ14世のお宅訪問の始まり、始まり~~~(^▽^)



つづく。
[PR]
by koonyan_diary | 2010-03-13 17:28 | 草花